チャレンジタッチと紙どっちがいい?進研ゼミのタブレット教材は何が違う?

※この記事はプロモーションを含みます。

進研ゼミ小学講座

✅タブレット教材(チャレンジタッチ)
✅紙教材(チャレンジ)

どっちに申し込むか迷っている人に、損しない答えを教えます。

チャレンジタッチが
断然オススメ!

理由は大きく3つです。

①タブレット学習がメインなのに、紙教材や教具も届くからコスパが良い!
②自動採点だからママの負担ゼロ!
③課題がタブレット配信だから、お部屋が散らからない!

チャレンジタッチならえんぴつ学習もバッチリ。
コスパ良く、ラク~に成績アップを目指すなら、チャレンジタッチ(タブレット教材)一択ですよ。

実際に受講者の7割以上のお子さんが、チャレンジタッチを選んでいます。

受講費が1,000円OFFになる
「春トクキャンペーン」実施中!

先行特典がもらえるのは2/28(水)まで
⇓チャレンジ(小学生コース)はこちら⇓
受講費が2,500円OFFになる
「春割キャンペーン」実施中!
先行特典がもらえるのは2/28(水)まで

タブレットか紙かどっちがいい?

こどもちゃれんじやチャレンジに入会する時に、たくさんの人が迷ってしまうポイントがあります。

タブレット教材(チャレンジタッチ)
紙教材(チャレンジ)

どっちがいいの?

「お子さんに合っている方!」が本当の答えですが、どっちが合っているかなんて分からないですよね?

✅どっちか迷っている人!
✅どっちが良いか分からない人!

そんな人は、タブレット学習の「チャレンジタッチ」を申し込んでください。

理由は、”子どもだけじゃなく、ママにとってもメリットがあるから” ですね。

①タブレット学習がメインなのに、紙教材や教具も届くからコスパが良い!
②自動採点だからママの負担ゼロ!
③課題がタブレット配信だから、お部屋が散らからない!

タブレット学習なのに、えんぴつ学習や体験教材が届くのはチャレンジタッチだけの魅力です。

お子さんから人気の理由ですね!

でもそれ以上に、ママからの人気が凄いんです!

チャレンジタッチ独自の高機能タブレットなら、自動採点だからママの丸付け不要!

その場で解説してくれるから、「分からない」をそのままにしませんよ。

課題のほとんどが配信教材なので、お部屋の場所を取らないところも人気の理由です。

チャレンジタッチなら、スッキリ・スマートに1人だけでも学習できますよ。

お申し込みはこちらから!
【お申し込みはこちらをタップ】

紙orタブレットの判断ポイント⑤選

「紙教材(チャレンジ)」「タブレット教材(チャレンジタッチ)」の、重要な比較ポイントをまとめました。

①記述問題の量

紙教材とタブレット教材の最大の違いは、記述問題の量です。

記述問題は「紙教材(チャレンジ)」の方が多いので、えんぴつで記述問題をたくさんさせたい人は「紙教材(チャレンジ)」を選びましょう。

②自動採点or丸付けか

ココが重要!
ママにとっての最大の比較ポイントです。
・紙教材ならママが丸付け
・タブレット教材なら自動採点


「紙教材(チャレンジ)」なら、丸付けはママがしないとダメです。

一回や二回なら負担は少ないですが、毎回となると大変ですね。

ママが丸付けをするメリット

お子さんの実力を把握できる。
お子さんとコミュニケーションがとれる。

という点があります。

でもそれ以上に、

ママが丸付けをするデメリット

時間を取られる。
勉強を理解しないといけない。
単純に大変。

というデメリットもありますね。

長く続けるなら、楽チンのチャレンジタッチがオススメですよ!

③豊富な体験型教材

進研ゼミの人気の理由の一つが、豪華な付録や体験型教材です。

特に紙教材(チャレンジ)では、体験型教材が毎回のように届きますよ。

実際に自分で組み立てたり、考えて解決するという体験が子供からチョー人気です。

④赤ペン先生に差はない

少し前までタブレット教材(チャレンジタッチ)は、赤ペン先生の頻度が少なかったり、担任制ではないというデメリットがありました。

でも2021年4月から、タブレット教材(チャレンジタッチ)も紙教材(チャレンジ)と同じサービスを受けられるように変わりましたよ。

⑤実際の教材or配信教材

紙教材(チャレンジ)なら、毎月、数冊のドリルや冊子が届きます。

年間になると、数十冊になりますね。

たくさん届くことは嬉しいですが、場所を取るのは困ります。

タブレット教材(チャレンジタッチ)なら、全ての教材はタブレットの中にデータとして保存されますよ。

ママにとっては嬉しいサービスですね!

いつでも受講スタイルは変更できる

受講の途中でも、学習スタイルを変更する事ができます。

例えば

・紙教材タブレット教材
・タブレット教材紙教材

はもちろんですが、

これもOK

・紙教材タブレット教材紙教材

という風に、やっぱり違うなぁと感じたら、受講スタイルを戻すこともできますよ。

これなら気軽に始められそう!

チャレンジタッチのタブレット学習がオススメ!

「タブレット教材」か「紙教材」を迷っているなら、タブレット学習のチャレンジタッチを選びましょう!

①タブレット学習がメインなのに、紙教材や教具も届くからコスパが良い!
②自動採点だからママの負担ゼロ!
③課題がタブレット配信だから、お部屋が散らからない!

子供だけじゃなく、ママにとっても嬉しいサービスがありますよ。

タブレット学習だからと言って、料金が高くなることもありません。

スッキリ!スマート!コスパ良く!

迷っているならチャレンジタッチで始めましょう!

受講費が1,000円OFFになる
「春トクキャンペーン」実施中!

先行特典がもらえるのは2/28(水)まで
⇓チャレンジ(小学生コース)はこちら⇓
受講費が2,500円OFFになる
「春割キャンペーン」実施中!
先行特典がもらえるのは2/28(水)まで

コメント

  1. […] こちらをご覧下さい。⇒迷ったら読んで!進研ゼミ小学講座は紙とタブレットどっちがいいの?メリットとデメリットを徹底比較! […]

  2. […] レンジタッチ」と「チャレンジ」の違いを、もっと詳しく知りたい方はこちら⇒迷ったら読んで!進研ゼミ小学講座は紙とタブレットどっちがいいの?メリットとデメリットを徹底比較! […]

  3. […] 」と「チャレンジ」の違いを、もっと詳しく知りたい方はこちらをチェック!⇒迷ったら読んで!進研ゼミ小学講座は紙とタブレットどっちがいいの?メリットとデメリットを徹底比較! […]

  4. […] レンジタッチ」と「チャレンジ」の違いを、もっと詳しく知りたい方はこちら⇒迷ったら読んで!進研ゼミ小学講座は紙とタブレットどっちがいいの?メリットとデメリットを徹底比較! […]